結婚式二次会でNGな服装

結婚式の二次会に相応しくない格好というのがあるのですが、ご存知でしょうか。
知らずに悪目立ちしてしまい、白い目で見られたり、自分の評価を落としてしまったりすることがないように、服装のマナーを把握しておきましょう。

まず、二次会は必要以上に目立つ格好をしてはいけません。
あくまでも主役は新郎・新婦であるため、主役より参加者の視線を集めるような格好は控えるべきです。
具体的にどういう服装がNGなのかといいますと、原色を使った派手なスーツやジャケット、羽織袴、民族衣装といったものが当てはまります。
また、白いスーツも着用してはいけません。
白は新郎・新婦だけに許されている色というのが常識で、知らずに着用していくと大恥をかくことになるでしょう。
なお、結婚式の二次会は平服でと指定されることが多いのですが、この意味を間違って解釈する人もいます。
平服イコール普段着ではないため、TシャツにデニムパンツのようなスタイルはNGです。

そのほか、靴や小物類にも注意しなければいけません。
靴はスニーカー、サンダル、下駄、ブーツはNGですし、靴下なしというのもよくありません。
また、ネクタイをはじめとする小物類は黒色を基調としたものはNGです。
これはさすがにご存知の方が多いでしょうが、黒のネクタイや小物は葬式に身に着けていく色です。

以上が結婚式の二次会でNGな服装ですが、このサイトではどういう格好がおすすめなのかも解説します。
招待されたけれどどういう格好をしていけばわからないという人は、参考情報としてお役立てください。



▽二次会特集▽
結婚式の二次会景品に役立つ目録付きの商品を販売しています --- 二次会景品 目録

Copyright © 2014 結婚式二次会における男性の服装マナー All Rights Reserved.